アパレルの路面店舗・実店舗で顧客を集めたいと思っても思うように集客ができずに
困っているお店も多いと思います。

特にアパレルは集客が難しいと言われるため、工夫しないと顧客を増やすことは中々難しいです。

では、どうやって路面店舗・実店舗の集客をしたらいいのでしょうか?

今回はアパレルの路面店・実店舗の集客をするためのテクニックをいくつかご紹介したいと思います。

店舗の集客の問題点

アパレル路面店

なぜ路面店舗・実店舗で集客に困ってしまうかというと、店舗の集客に問題点があるからです。

路面店の場合、店の前で呼び込みをして集客をしようとしたとしても、お店に興味を持ってくれる人や
商品を購入してくれる人は一部で、集客的には効率は悪いと言えます。

商品を購入までしてくれる顧客を増やすには、ターゲットを狙って集客をする必要があります。

今後はインターネットを使った集客が主流となる

アパレルの路面店舗・実店舗の集客を成功させるには従来のアナログな方法ではなく、インターネットを
使った集客が必須となってきます。

現代の人は何か買い物をする時には事前に調べるという人がかなり多くなっており、ビジネスにおいてインターネットというのは
欠かせない存在となっています。

服といったアパレル商品を購入する時も事前に検索する人は多く、特に若者はSNSなどでチェックする人は沢山います。

インターネットで集客を行うことで、ターゲット層も絞り込むことができ効率よく集客・売上アップを目指すことが可能です。

インターネットを使った集客は専門的な知識がなくてもできるものもあるため、誰でもすぐに始めることができます。

インターネットを使った集客方法

SNS

SNSは無料で誰でも簡単に始めることができるので、まずはSNSでの集客から始めてみるのがいいでしょう。

Instagram

Instagramはアパレル商品と最も相性の良いSNSです。

お店の商品を使ったコーディネートなど具体的な例を写真に載せてあげることで、お店に行って購入したいという購買意欲を
高めることができます。

Instagramが流行ってからはInstagramで検索をして雑誌感覚でファッションをチェックする人も増えてきています。

商品に関連することなどでハッシュタグを付けてInstagram内での検索に引っかかるように工夫をしましょう。

ハッシュタグで検索をする方は多いため、ただ写真を載せるのではなくハッシュタグも意識すると良いです。

店舗のエリア名もハッシュタグで付けておくと良いでしょう。

Twitter

Twitterは様々な店舗の情報を発信するのに役に立ちます。

新商品の入荷、予約状況、セール、お店の情報などを発信し宣伝することができます。

Twitterも商品の写真を載せてあげることで宣伝効果となりますので、積極的に活用していくのが良いです。

商品に関連することやエリア名などをハッシュタグでつけておくことでTwitter内の検索に引っかかりやすくなります。

MEO対策

Googleで「東京 服屋」といったように検索したら、地図上にピンでマッピングされた店舗情報が表示される機能がGoogleにはあります。

この地図上に店舗を表示させる対策をMEO(Map Engine Optimization)と言います。

MEOの意味としては「地図の最適化」となります。

MEOができていると、地図に店舗の情報が載るので、店舗の位置やアクセスをユーザーが確認することができます。

また、「渋谷 服屋」といったように検索をし、特定のエリア内での服屋さんを探している人にもお店を知ってもらえる可能性があるため、
MEOはしておいた方がいいです。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントというのはご存知でしょうか?

今ではほとんどの人が使っているLINEの企業・ビジネス向けのアカウントがLINE公式アカウントです。

LINE公式アカウントでは、クーポンの発行、タイムセール、新商品など様々なお店の情報をLINEに直接送ることができます。

メルマガよりも読まれる確率が高く、LINEを導入してる店舗は多くなっています。

お店のレジにLINE登録のバーコードが置いてあるところを見かけることも多くなっています。

LINE公式アカウントは簡単に登録ができるため、難しい手順は必要ありません。

導入したら、レジなど目に入りやすいところに登録のバーコードを設置しておくと良いです。

店舗のホームページを作る

お店のホームページを作るのも集客方法の1つです。

最低限の情報だけが載ったホームページでは集客効果はほとんど見込めないので、理想としては集客を意識した
ホームページを作っていくのが良いです。

SEO(検索エンジン最適化)を意識して、商品に関連するキーワードで上位に検索結果を表示させるとアクセス数が増えます。

ホームページのアクセスを増やし、ターゲットを絞ることで路面店舗・実店舗へ直接足を運んでくれる人も増やすことができます。