ビジネスの基本となるのは「集客」ですが、アパレルは集客が難しいと言われる業界で、集客が出来なくて困っている
方も多いと思います。

特にセレクトショップ、古着屋、個人店といったアパレルのお店は集客が出来ずに売り上げが伸び悩んでいるところも多いのではないでしょうか。

そこで、アパレルの集客アップを実現するために効果的な3つの方法をご紹介していきたいと思います。

アパレルの集客アップを実現するには

アパレル集客アップ

アパレルの売り上げはブランド力が大きく影響し、有名なブランドや聞いたことのあるようなブランドはお客も寄ってきます。

一方で、認知度の低いブランドや、そもそもお店の存在すら知られていないブランドやお店では、顧客が集まらず売り上げを伸ばすことも難しいです。

成功しているブランドは大々的に広告を出したり宣伝をしたりとしていて集客を行っていますが、そこまで巨額のお金を集客のために使えないというところの方が
多いと思います。

だからといって、チラシを配ったり、店頭で呼びかけをしても集客アップを目指すのは中々難しいことです。

では、どうやってアパレルで集客アップをするのか?

それは、インターネットを使った集客方法です。

インターネットが普及した現代では、ネットで買い物をする人はかなり多く、衣類もネット買う方は多いです。

ネットで見て「これ欲しい!」となって、通販で注文したり、店舗に直接買いに行く人は沢山います。

インターネットは今では大きな集客力を持ち、アパレル業界でも欠かせない手段となっています。

しかし、インターネットで集客をしようと思ってもやり方が分からないという方も多いです。

そこで、インターネットを使った集客方法をご紹介したいと思います。

インターネットを使った3つの集客方法

InstagramやTwitterを使って集客する

SNSを使った集客は主流となってきており、上手く活用すれば爆発的な集客アップ効果が得られる力がSNSにはあります。

InstagramやTwitterでの宣伝をしていないのであれば、今すぐにでも始めてみるのが良いです。

特にInstagramはアパレル業界と相性が良いです。

お洒落で欲しいと思わせれるような服の写真をInstagramに載せることで、通販でそのまま買ってくれたり、店舗に直接出向いて
購入してもらえるといったアクションを促すことができます。

こういったSNSを活用すれば、「このブランドは初めて知ったけど、可愛いから買ってみようかな」といったように、知名度の低いブランドでも
新規顧客を獲得しやすくなります。

いつも決まったブランドで買っているような人でも、写真が目に留まり商品を買ってくれるということもあるでしょう。

ブランドや知名度のハンディキャップを埋めることがSNSでは可能です。

SNSは無料で使えるため広告費を抑えて集客ができるため、ぜひアパレルでは活用していきたい集客方法となっています。

LINE公式アカウントを活用する

LINE公式アカウントというのはご存知でしょうか?

多くの人が使っているLINEのプラットフォームを使ったビジネスツールで、既存の顧客とのコミュニケーションを図り
リピーターを増やすのに役に立つツールです。

LINE公式アカウントでは、クーポンや新商品の情報、セールスのお知らせなど様々な情報を登録してくれている顧客のLINEに
直接送ることができます。

メルマガよりも気軽にチェックされやすいため、お得な情報などを見て再度お店を訪れてもらえるといったことに繋がりやすいです。

リピーターを増やし、売り上げを更に伸ばすためにもLINE公式アカウントは導入するのが良いです。

LINE公式アカウントの導入は簡単ですぐに行うことができます。

店舗でお客さんの目に入りやすい場所にQRコードを設置するといいでしょう。

ブログを使って集客をする

ブログを使った集客方法も集客アップに効果的です。

集客ができるようになるまで最低でも数か月はかかるので即効性はないですが、投稿を続けていくことで
徐々に閲覧者が増えてくるようになります。

SNSとも連動し上手く活用することができれば、売り上げアップに繋げることができます。

ECサイトで売上アップを目指す

ネットを使った集客方法を3つご紹介しましたが、実店舗だけの販売をしているお店であれば、
ECサイトを立ち上げて通販での販売をするのも売上アップに繋がります。

ネットで集客をし、店舗へ誘導するのも良い方法なのですが、通販で買いたいという人も大勢います。

例えば、Instagramを見て商品を欲しくなったけど、通販では買えないから諦めるという人もいます。

EC市場は年々伸びているので、店舗だけの販売をしているお店は通販も視野に入れてみると、集客・売上アップ
をすることができるようになるかもしれません。

通販といっても簡単に始めることができるネットショップはあるので、そういった気軽に始められるネットショップから
通販を始めてみても良いと思います。