人口の都市部一極化により自動車が必要なくなったり

若者の車離れ、高齢化による免許返納の流れ、

自動運転技術の進歩によりカーシェアリングが進むなど、

自動車の需要はこれからどんどん減少していくと言われています。

そんな中、自動車販売店はどういった施策をすれば、集客を伸ばせるのでしょうか。

今回は、自動車販売店の集客方法についてご紹介していきます。

自動車販売店の集客方法5ステップ

自動車販売の集客

自動車販売店の集客方法で代表的なものといえば、

折り込みチラシ、ポスティング、DM、イベント開催

などですね。

上記のような集客方法だけをしていて、集客が鈍化しているのであれば

これから紹介する集客方法を試してみてください。

・販売店の強みを明確化する

・自社のWEBサイトを作成する

・SNSで発信する

・あなたの販売店ならではの動画を作成する

・SNS、動画、WEBサイトと動線を繋げる

順にご紹介していきます。

まずは販売店の強みを明確化する

最初にして最重要なポイントです。

あなたの自動車販売店、車屋さんの『強み』を明確化する。

明確化とは、あなたの販売店の強みを、人が見て(聞いて)すぐに分かるように

言葉で説明できるまでブラッシュアップすることです。

これから車の需要は減少すると最初にお伝えしました。

そんな中、中小規模の自動車販売店が生き残っていくためには、

自社の強み、『これは他のどの販売店にも負けない!』と自信を持って言える

オンリーワンの強みを磨き上げることです。

例えば、

・〇〇市でキャンピングカーといえば我が社が取り扱い一番!

・車といえば男性の趣味というイメージがあるが、我が社は女性のお客様を大事にする車屋さんです!

・クラシックカーのことならなんでもお任せください!

などです。

あなたの販売店の強みを『分かりやすく明確に』言語化してみましょう。

その強みを全面に押し出して自社のWEBサイトを作成する

あなたの販売店の強みを明確にできたら、自社のサイトを作りましょう。

トップページにはあなたの販売店の強みを『分かりやすく、明確に』表記させます。

あれもできます、これもできます、と色々と書いてしまうと見る人には何が一番の売りなのかが分からなくなり、

結局サイトを閉じてしまいます。

もうすでにサイトがある場合も、今のトップページが見る人にとって『分かりやすく、明確に』なっているか

見直してみましょう。

SNSで自動車販売店として情報を発信する

サイトを作成するのと同時に、SNSでも情報を発信していきましょう。

あなたの販売店が売りにしている車のタイプやターゲット向けに、

有益なことを毎日発信することで、だんだん車好きの方や興味のある方に認知されるようになります。

サイト内でブログ記事の更新をしてSNSでもこんな記事を書きました!と発信すれば、SNSからサイトへの流入も期待できますよ。

あなたの販売店ならではの動画を作成する

最近ではYouTubeなどの動画で、住宅を買う際の注意点の動画を配信していたり、

おすすめの車を紹介する動画を配信したりしています。

最近でヒットしたのが、三和交通さんのTikTokですね。大人気の動画になりました。

あなたも自動車販売の知識を生かして、動画を配信してみましょう。

注意点は、独りよがりの宣伝動画になってしまわないようにすることです。

「我が社にはこんな車がそろってます!お待ちしています!」なんて動画を配信しても、

なんだただの宣伝か、と思われて誰にも見てもらえません。

そうではなく、見る人に「これは有益な情報だ!」と思ってもらえたり、「面白い!」と思ってもらえるような

動画を作ることが大切です。

SNS、動画、WEBサイトと動線を繋げる

自社のサイト、動画、SNS これらを作り始めたら、

それぞれの動線を繋ぎ、自社サイトを見てもらいやすくしましょう。

YouTubeを見ていて、文字でもっと詳しく知りたくなったらサイトに飛べるようにリンクを貼っておく。

SNSのプロフィール欄にサイトのURLを貼っておく。

などなど、動画からもSNSからもサイトへ来てくれるようにリンクで繋ぎます。

今は、インターネットでWEBサイトを見る人よりも

SNSで知りたいことをサッと検索する、動画で見て調べる

という人が増えています。

リンクで動線を繋げることで、インターネットでWEBサイトを見ない人たちにも

サイトを見て貰えるようになります。