『キャッシュやcookie』

パソコンを使っていると1度は見たことがあると思います。

キャッシュとはどんな仕組みなのでしょうか?

似ている仕組みであるcookieとの違いについても書いていきます。

キャッシュとは?

キャッシュとクッキーの違い

キャッシュとは、

インターネットで一度表示したページのデータを保存する機能のことです。

キャッシュデータが保存してあると、

同じページを再度開いたときに

1回目に保存したデータが表示されます(キャッシュ機能)。

なので1回目にページを表示した時よりも、表示スピードが上がるというメリットがあります。

cookieとの違いは?

cookieとは、ページに訪問したユーザーの情報を保存する仕組みのことです。

ユーザーの情報とは、

・訪問履歴
・IDやパスワードなどの入力情報

などのことです。

キャッシュは 『WEBサイトのデータを保存しておく仕組み』

cookieは 『ユーザーの情報を保存しておく仕組み』

保存する仕組みなのは同じですが、キャッシュとcookieは全く違うものです。

キャッシュを設定する時のポイント

上記で説明したように、サイトにキャッシュを設定すると

サイトの表示スピードが上がり、

ユーザーにとってサイト閲覧が快適になります。

しかし、キャッシュ保存後に更新されたデータを正しく表示しない場合があるというデメリットもあります。

サイトの更新が頻繁であれば、

それに合わせてキャッシュの有効期限も短めに設定しておきましょう。