Googleのサーチコンソールの機能の1つであるインデックスカバレッジについて解説をしていきます。

インデックスカバレッジを活用すればなぜページがインデックスされていないのか原因を見つけて対策を行うことが

できるようになります。

インデックスカバレッジとは

インデックスカバレッジとは?

インデックスカバレッジとはWebサイトのそれぞれのページが

正常にインデックスされていて検索結果に表示されているか確認することの

できるサーチコンソールの機能です。

Webサイトのページというのは作っただけでは検索結果に表示されず、順位もつきません。

検索結果に表示されるためには「インデックス」される必要があります。

自サイトのどこかのページが何らかの原因でインデックスがされていないと、

せっかくのコンテンツが検索結果に載らないため意味がなくなってしまいます。

そこで、Googleのサーチコンソールの機能のインデックスカバレッジを活用することで、

しっかりと各ページがインデックスされているかどうかチェックすることができます。

インデックスカバレッジでは正しくインデックスされているページもチェックできますし、

インデックスできていないページの原因についても分かります。

インデックスカバレッジのステータスについて

インデックスカバレッジのデータでは以下の4つのステータスがあります。

・エラー
・有効(警告あり)
・有効
・除外

エラー

ページのインデックスがされていない状態を表します。

エラーの原因を確認し、インデックスが行われるために何らかの対処が必要です。

有効(警告あり)

有効(警告あり)はrobots.txtでブロックされたURLがインデックスされた状態を表します。
インデックスはされているものの、想定していないインデックスのため対処が必要になる場合も
あります。

有効

正常にインデックスされている状態を表します。

除外

インデックスされていない状態を表しますが、意図的な理由が原因でページがインデックスされて
いない可能性が高い状態です。