生命保険の営業をしているけれど、なかなか顧客が獲得できない。

近しい人にはもう営業をしてしまって、これ以上の増加が難しい。

こういった営業さんは多いのではないでしょうか。

生命保険の営業は、ひとりひとり訪問しまくるだけでは顧客増加が難しくなっています。

自分でネット検索して、各保険を比較して決めてしまう方が増えてきている影響もあります。

今回は、生命保険の営業で顧客を増やすためのコツをご紹介していきます。

生命保険の営業で顧客を獲得するために大事なこと

生命保険集客方法
ではさっそく、顧客を増やすコツをご紹介します。

・顧客を獲得するために『営業』をしない
・有益になる情報を与えて信用を得る
・ネットでも有益な情報を発信する
・人生のパートナーになる

ひとつずつご紹介していきます。

顧客を獲得するために『営業』をしない

営業をしないでどうやって顧客を獲得するの?と疑問に思われるかもしれません。

でもちょっと考えてみてください。

例えば、突然お家に知らない人がやってきて、

「このお水とっても良いお水なんですよ!お水無いと困りますよね。今ならとってもお得!買いませんか?」

なんて突然言われても

「あんた誰?」

で終わりですよね。保険だって同じです。

営業をすることで、保険の名前くらいは知ってもらえるかもしれませんが、

知るだけでは顧客にはなってくれません。
顧客になるどころか、営業から入ってきた人には

何か高いものを売り込まれるんじゃないかと警戒をしてしまいます。

これではせっかくいい保険をご紹介しても話も聞いて貰えません。

まずは、お話を聞いて貰えるような関係性を作ることが大切です。

そこで大事になるのが次に挙げるポイントです。

有益になる情報を与えて信用を得る

自分の利益ばかり欲しがる人の話には、誰も耳を貸しません。

どういった話なら聞いてくれるでしょうか。

そう、顧客の得や有益になる情報です。

例えば、「経営者のための生命保険セミナー」や、

「見直さないと損をする!生命保険見直し塾」など

保険の知識や有益な情報を教えてくれる場なら、

保険のことに興味を持っている人が耳を傾けてくれます。

そこで、顧客の不安要素や疑問点を親身になって解消するお手伝いが出来れば

あなたに対して信頼感を抱いてくれるようになります。

信頼を得ることが出来ると、

「保険の困り事は〇〇さんに相談してみよう」

と顧客の方から頼りにされるようになり、

顧客に合った保険を紹介することも、よりハードルが低くなります。

ネットでも有益な情報を発信する

セミナーや講演などでリアルの信頼を得ることはとても大事です。

それと同様に、ネット上でも有益な情報を発信することでより多くの方にあなたを認知してもらえます。

自社のWebサイトを作ったり、TwitterやFacebookで有益な情報を発信することで

セミナーなどでは出会うことの出来ない顧客とも接点を持つことができます。

新たな顧客発掘のために、ネットやSNSを利用するのはこれからの時代必須事項と言えます。

人生のパートナーになる

保険という商品は、人生に深く関わるものです。

であるからこそ、保険に気軽には入れないし、乗り換えも頻繁ではありません。

逆に言えば、

「保険については〇〇さんに相談すれば間違いない」

と信頼して頂ければ

いかに保険商品が変わっていっても、顧客が居なくなるということが無くなります。

顧客の人生のパートナーになる、これを意識して、生命保険の営業手法を見直してみてください。