公式ラインアカウントでは、

友だち登録してくれたユーザーと直接チャットで会話することができます。

今回は、

・公式ラインアカウントでユーザーとチャットするための設定方法

・公式ライン自動返信の設定方法

・LINEチャットのメリットと注意点

こちらを解説していきます。

チャット設定方法

まず、LINE公式アカウントの管理画面から

「LINE Official Account Manager」を開きます。

公式ライン使い方

応答設定のページを開くとこちらの画面が出てきますので、

応答モードのチャットを選択しましょう。

これでLINE公式アカウントからチャットをすることができるようになります。

公式ライン自動返信の設定方法

ユーザーからメッセージが来た時に、

チャットですぐお返事ができないタイミングがありますよね。

そういった場合に自動でお返事するように自動返信の設定をしておくことができます。

チャットの設定と同じように

LINE公式アカウントの管理画面から

「LINE Official Account Manager」の応答設定ページを開きます

公式ライン会話

 

詳細設定の欄の『応答時間』をオンに切り替えてから、応答方法を選択することで

チャットを使うのか、AI自動返信を使うのか、などを設定できます。

AI応答メッセージの設定

メッセージの自動返信を利用したい場合は、

AI応答メッセージの設定をしなくてはいけません。

「LINE Official Account Manager」のホームタブの中の

AI応答メッセージを開きます。

公式ライン会話

 

自動返信する内容を記入して設定完了です。

ユーザーからのチャットに対して、おかしなお返事になってしまわないように

きちんと内容を確認しながら設定しましょう。

LINE公式アカウントでチャットを利用するメリット

公式ライン会話

LINE公式アカウントでユーザーとチャットができるメリットはこちらです。

・外出中や接客中など電話に出られない時もユーザーからのご要望を逃さない

・深夜や朝早くなど、対応できない時間帯でもメッセージを受け取れる

・LINEチャット導入で電話が減り、スタッフが電話対応する時間が減る

・チャットなら文字が残るため、電話のような聞き間違いやメモの書き間違いによるミスが減る

・画像も送れるので、例えばケーキのデコレーションイメージや、
髪のカットイメージなど口頭では説明が難しいものも共有できる

・はがきによるDMをLINEチャットに変更することで、作成送付する仕事と費用も削減できる

個人事業の方でも、大きな企業の方でも、LINEチャットを導入するメリットはたくさんありますね。

LINEチャットを利用するときの注意点

LINEチャットは便利なツールなのですが、注意すべき点もあります。

それがこちらです。

・不適切な対応をしていると、LINEアカウントがユーザーにブロックされてしまう

・文字が残るので、不適切な対応はスクリーンショットで拡散されてしまう可能性がある

こういったことが起こらないように、社内でLINEチャットを利用する際は

しっかりとした取り決めをしておくことが大切です。

・ユーザーからの問い合わせには〇分以内にお返事する

・いくら親しくなっても丁寧な言葉使いをする

・お名前を呼び捨てにしたりあだ名で呼ぶなどはしない

来店来社されたお客様同様の接客態度で

チャットのやり取りを行うよう心がけましょう。