公式LINEは旧LINE@とサービスを統合したものです。

公式ラインはこの統合前と比べ運用するハードルは低くなりましたが、料金プランが少し複雑になりました。

初めて公式ラインを使う方にとってはどんな料金プランなのか、初期費用はどれくらいかかるのかなど気になるところですよね。

ここでは公式ラインの料金プランや、費用の仕組みについてまとめました。

公式ラインの料金プランについて

公式ライン料金プラン

公式ラインの料金プランは全部で3つあります。

プラン別でメッセージを送れる数などが違ってきますので、それぞれのプランの違いについてまとめています。

公式ラインフリープラン

まず公式ラインを始めてみたい!と言う方は「フリープラン」から始めてみましょう。

こちらのプランは月額の固定費は無料で1ヶ月に1,000通の無料メッセージを送ることが可能です。

この1,000通というのは、例えば公式ラインの顧客500人に一斉にメッセージを送信する場合は月に2回(500通×2回)送れるということになります。

1,000通を超えるとその月にメッセージを送ることはできなくなり、次の月になるまで待つか有料プランに切り替えるしかありません。

とりあえず公式ラインを使ってみたい!という方にはぴったりのプランですね。

公式ラインライトプラン

ライトプランは月額の固定費は5,000円で1ヶ月に15,000通のメッセージを送ることが可能です。

15,000通を超えてしまった場合は1通につき5円の料金を支払うことでメッセージを送ることができます。

公式ラインスタンダードプラン

公式ラインの中で1番高いスタンダードプランは月額の固定費は15,000円で、1ヶ月に45,000通のメッセージを送ることが可能です。

45,000通のメッセージを超えてしまった場合、追加料金を支払うことで追加メッセージを送ることが出来ますが、料金体系が少し違っています。

追加のメッセージにかかる料金は追加メッセージの数によって1通にかかる料金が変わってきます。

以下追加のメッセージ配信数における1通の単価料金です。

~50,000通 3.0円
50,001~100,000通 2.8円
100,001~200,000通 2.6円
200,001~300,000通 2.4円
300,001~400,000通 2.2円
400,001~500,000通 2.0円
500,001~600,000通 1.9円
600,001~700,000通 1.8円
700,001~800,000通 1.7円
800,001~900,000通 1.6円
900,001~1,000,000通 1.5円
1,000,001~3,000,000 1.4円
3,000,001~5,000,000 1.3円
5,000,001~7,000,000 1.2円
7,000,001~10,000,000 1.1円

※10,000,000通以上の配信についてはLINEにお問い合わせください。

スタンダードプランは追加メッセージ配信が多くなれば多くなるほど、1通にかかる単価が安くなります。

メッセージを送れば送るほどお得ということになりますね。

公式ラインの料金プランが理解できたら早速公式ラインのアカウントを開設してみましょう!

公式ラインの作り方|アカウントの作成方法を解説

公式ラインの料金プランを途中で変更した場合

公式ラインの料金プランを途中で変更したい場合はどうすべきなのでしょうか?

フリープランから有料プランであるライトプラン・スタンダードプランに変更した場合、変更した月は日割り計算で料金を支払う必要があります。

有料プランから他のプランへの変更の場合は変更後のプラン適応は翌月からになっています。

プランを変更される場合は注意してください。