LINEの公式アカウントにはリッチメニューという機能があります。

公式ラインリッチメニュー
引用:セカンドストリートLINE公式アカウント

LINEの画面の下部分に出てくる、こういったメニューのことです。

リッチメニューなんてちょっと設定が難しそうだな…と尻込みしているあなた。

そんなあなたのために、

・リッチメニューを設定するとどんなメリットがあるの?

・リッチメニューの設定方法

こちらをご紹介していきます。

リッチメニューを設定することのメリット

公式ラインリッチメニュー

リッチメニューを設定することで、以下のようなメリットがあります。

・LINEの画面半分程使って大きく表示されるため、目につきやすくクリックされる確率が高い

・常にアピールしたい内容を表示できる

・メニューの内容によっては来店につながることも

・「問い合わせ」や「クーポン情報」など、ユーザーが必要とするであろうアクションを
リッチメニューに配置しておくことで、ユーザーの満足度を高める

それぞれ解説していきます。

リッチメニューはクリック率が高い

公式ラインリッチメニュー
引用:セカンドストリートLINE公式アカウント

リッチメニューはこのように↑LINEのトーク画面の半分を占めています。

ユーザーの求める内容をリッチメニューを設定することで

クリック率が高くなります。

常にアピールしたい内容を表示できる

タイムラインで流す、メッセージを送る、というアクションでは

いっとき見てもらえるかもしれませんが、他のタイムラインやメッセージが来ると

流されてしまってあまり注目してもらえなくなります。

一方リッチメニューはトーク画面を開けば表示されるため

常にアピールしたい内容を表示しておくにはぴったりです。

例えば、期間限定セールや、イベント予告や告知などもアピールできますね。

メニューの内容によっては来店につながることも

リッチメニューに表示する内容はアカウントオーナーによって細かく設定することができます。

なので、リッチメニューに

・セール情報
・お友だち限定クーポン情報
・新メニュー情報

などを載せることで、集客につなげることができます。

公式ラインアカウントを利用してくれるユーザーの満足度を高める

・お店に行ってからクーポンがあることに気づいて、ネットでクーポンを探したけどなかなか見つからない

・お店の住所を知りたい、系列店を探したい

こういったユーザーの知りたいことを

リッチメニューに設定しておくことで動線をスッキリとさせ、

ユーザーの満足度を高めることができます。

公式ラインアカウントに友だち登録してくれると、

ポイントカードもクーポンもすぐに取り出せてこんなに便利ですよ

とアピールすることもできますね。

リッチメニューの設定方法

では、リッチメニューはどう設定したらいいのかを説明します。

まず、パソコンで「LINE Official Account Manager」を開きます。

公式ラインリッチメニュー

ホームタブを開き、『リッチメニュー』の項目をクリックします。

するとリッチメニューが設定できるページが開きますので、『作成』ボタンを押します。

公式ラインリッチメニュー

詳細を設定する項目が出てきますので、内容を書いていきましょう。

最後に、設定した内容をLINE公式アカウントに反映するときは

『ステータス』をオンにして『保存』ボタンを押します。

作成だけしてまだ反映させたくないときはオフにしておきましょうね。