ペット専門の火葬・供養・霊園といったペット葬儀の会社でお問い合わせや売り上げの伸びに
悩んでいる方いらっしゃると思います。

そこで、この記事ではペット葬儀の会社が集客アップを目指すにはどうした良いのか、効果的な
方法についてご紹介していきたいと思います。

従来の集客方法の問題点と課題

ペット火葬の集客

昔ながらの集客方法としてポスティングや折込チラシなどがあります。

ポスティングや折込チラシは地域に絞った集客方法としては効果的で、一定の集客効果は期待ができます。

ただ、ペット火葬・供養・霊園といったペット葬儀の内容だと少しターゲットが絞られ過ぎてしまい。
ポスティングや折込チラシの効果があまり見込めません。

ペットを飼っていない家庭にペット葬儀のチラシを配っても、見られることもなくそのまま捨てられてしまうことと
なってしまいます。

もし、ポスティングや折込チラシでチラシを配る場合は、ペット可のマンションなど、ペットを飼っている可能性が高い
お家に集中して配ると効果がより見込めます。

こういったチラシを配ることも集客方法としては良いのですが、もっと集客アップを目指すのであれば、より幅広い
方向から集客をするのが望ましいです。

ポスティングや折込チラシだけだとターゲット層を集めにくいため、ペット葬儀を探しているターゲット層を集客するには
もう一歩踏み込んだ集客方法を実施する必要があります。

その方法として効果的なのが、インターネットを使った方法です。

インターネットを使った4つの集客方法

インターネットを使った集客を行うことで、ペット葬儀を探しているターゲット層をピンポイントで集めることも可能になります。

そこで、インターネットを使った集客方法をいくつかご紹介します。

ホームページを作る

集客をする上で、最低限はホームページを作っておくのが良いです。

今の人は、何かを「買う」「探す」「決める」といったように、何か行動を起こす時はまずインターネットで調べる人がかなり多いです。

そのため、ペット葬儀を探す時も、まずは検索をかけて、どこか良いところがないかを探します。

その時にホームページがなければ会社が見つかることもないので、最低限ホームページは持っておいた方が良いです。

また、ホームページを作っただけでは集客効果自体はないので、SEOを盛り込んだホームページにし、アクセス数を増やす
工夫をするのが理想的です。

そうすることで、ホームページにアクセスが集まり直接問い合わせや予約といった売り上げアップに繋がります。

グーグルマイビジネス

ホームページと同様、グーグルマイビジネスも必須のものとなります。

グーグルマイビジネスに登録すると、Googleマップ上に会社の位置や情報が表示されるようになります。

例えば、「東京 ペット火葬」といったように検索すると、東京の地図にペット火葬を行っている会社がピンで
表示されます。

知らない会社でも、家から行ける範囲であれば気になってすぐに調べる人は多いです。

会社の存在を知ってもらうチャンスが増えるため、グーグルマイビジネスは必ず登録はしておいた方がいいです。

グーグルマイビジネスの情報にホームページも載せることができるので、そこからホームページを見てもらい
問い合わせなどに繋がることにもなります。

リスティング広告

リスティング広告とは、広告費用をGoogleやYahoo!などに支払うことにより、検査結果の見やすいところに
サイトを表示させることができるサービスです。

例えば、「ペット 火葬」や「ペット 霊園 東京」といったキーワードで検索した時に、一番上に会社のホームページが
表示されるようにして、ペット葬儀を探している人を直接集めることができます。

コストはどれだけ力を入れるかによって変わってきますが、ターゲットを絞った集客効果が見込める方法になります。

ホームページなどを検索結果のトップページに表示させるにはSEOの知識がないと難しいですが、リスティング広告は
簡単にトップページに表示させることができる手軽さがあります。

SNS

Facebook、Twitter、Instagramを集客方法として使うことができます。

今では多くの人が何らかのSNSを使っており、どの業界でも集客方法としてSNSは活用されています。

ペット葬儀でも集客方法としてもちろん活用することができます。

ペット火葬であれば、ペットの火葬について役に立つ情報や、会社の実際の葬儀の様子など
をSNSで発信していくことで、ペット火葬を探している人の目に留まります。

SNSは無料で始めることができますし、誰でも簡単に使うことができるので、ぜひ使ってみるのがおすすめです。

ただ、根気強く続けないと集客効果は見込めないので、続けることが大事なポイントとなってきます。

このように、インターネットを使った集客には様々なものがあり、どれも集客には役に立つ方法です。

難しいと思うかもしれませんが、まずはどれか1つでもやってみてはいかがでしょうか。