Googleアナリティクスで確認できるデータの1つとして「直帰率」というものがあります。

直帰率という言葉は聞いたことあるけど、どういったものなので、SEOにおいて重要なものなのかよく分からないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は直帰率はSEOに影響するのかや直帰率が高い原因やその改善方法についてお伝えしていきます。

直帰率とは?

SEO直帰率とは?

直帰率とはユーザーがWebサイトを訪れた際に、他のページを閲覧せずにそのままサイト外へ出てしまう割合のことを指します。

要するに、最初の1ページしか見られなかったということですね。

直帰率と離脱率の違い

直帰率と混同してしまいがちなデータで「離脱率」というものがあります。

すべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示したものが離脱率です。

どのページを最後にサイトを出ていってしまうことが多いのかが離脱率では分かります。

直帰の場合、1ページだけ見て離脱してしまうことなので、直帰は離脱に含まれると言えます。

直帰率はSEOに影響する?

直帰率はSEOに直接影響はしないとGoogleは発言しています。直帰率が高い・低いからといって検索順位に影響を受けるということはないです。

しかし、だからといって直帰率は全く気にしなくて良いというわけではありません。

例えば、内部リンクで他のページへ誘導させる施策をしているにもかかわらず直帰率が高い場合は、うまくユーザーを誘導できていない可能性があります。

また、Webサイト全体の直帰率が高く・滞在時間も短いのであれば、ユーザーが求めているものと違ったコンテンツを提供してしまっている可能性があります。

必ずしも直帰率が高いのが悪いというわけではありませんが、ユーザー満足度の向上のための指針となります。

直帰率はGoogle Analyticsで確認する

実際にWebサイトのそれぞれのページの直帰率を確認するには、Google Analyticsを使います。

Google Analyticsで直帰率を確認する手順は以下の通りです。

Google Analyticsの画面を開く。
左側のメニューから「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」と移動すると直帰率を確認できる。

直帰率が高くなる原因

直帰率が高いページを見つけて、直帰率を低くしたい場合は、直帰率が高くなる原因を考えて改善していく必要があります。

直帰率が高くなってしまう原因として、

・ユーザーのニーズとコンテンツの内容が合っていない

・ページの読み込みが遅い

・導線が分かりにくい

・文字が読みづらい、デザインが見づらい

・モバイルに最適化されていない

こういったものが考えられます。

ユーザーのニーズとコンテンツの内容が合っていない

ユーザーの求めている情報とコンテンツの内容が合っていなければ、すぐにユーザーはそのページから離れていってしまいます。

記事のタイトルや見出しと違う内容のことが書かれているなど、ニーズとのズレが生じていないか確認をしましょう。

ページの読み込みが遅い

ページの表示速度が遅いのも、直帰率・離脱率を上げます。

読み込みが遅かったり、動作が遅いサイトでは訪れた人は待ちきれずに離れてしまってしまいます。

ユーザーがストレスに感じない表示速度に最適化しておきましょう。

画像やファイルのサイズを最適化することで表示速度は改善できます。

導線が分かりにくい

そのページを最後まで読み終えて違うページも見てみたいと思っても、違うページへの移動の仕方が分かりづらければユーザーは離脱をしてしまいます。

内部リンクは適切に配置し、他のページに移動しやすいように分かりやすくしてあげましょう。

文字が読みづらい、デザインが見づらい

文字の読みづらさやデザインの見づらさも直帰率や滞在時間に関係してきます。

改行が全くしていなくて文章が読みづらかったり、サイトのデザインが見づらければユーザーはストレスを感じてしまいページを閉じてしまいます。

読みやすさ、見やすさといったものも意識をしてコンテンツは作っていきましょう。

モバイルに最適化されていない

スマホユーザーがPC専用サイトでサイトが表示された場合、画面が見づらくなってしまい離脱してしまいます。

どのデバイスからアクセスされても最適な表示になるようにしましょう。

直帰率の改善方法

直帰率の改善方法

直帰率を改善するには、まず以下の3つのことを行ってみましょう。

コンテンツとニーズを一致させる

ユーザーの知りたいこととコンテンツの内容がズレてしまわないように、コンテンツとニーズを一致させる必要があります。

そのためには、どういった情報であればユーザーは満足するのか検索意図を考えて、ニーズに沿ったコンテンツを充実させていきます。

タイトルや見出し、ディスクリプションなども見直すことでコンテンツとニーズが一致していき、直帰率を下げることができるます。

内部リンクを最適化

他のページへ分かりやすく誘導してあげることで、ユーザーは迷わずにサイト内を巡回することができます。

内部リンクを最適化し、関連するページの内部リンクを分かりやすいところに設置してあげましょう。

デバイスの最適化

現代では、スマホユーザーが多いためスマホからのアクセスでも見やすいサイト表示にしないといけません。

スマホでアクセスをしたら、画像や動画が画面から飛び出ているといったことがないように、どのデバイスからでも適切な表示がされるように
モバイルフレンドリーやAMPの対応はしておきましょう。