「カニバリ」とはカニバリゼーションの略で、元々マーケティング用語として使われている言葉です。

本来のカニバリの意味は自社製品同士が競合してしまい「共食い」状態になっていることを指します。

SEOにおけるカニバリとは

カニバリとは

SEOでも「カニバリ」という言葉が使われます。

SEOにおけるカニバリゼーションとは同サイト内のページ同士が同じキーワード(または非常に似ているキーワード)で競合し合ってしまい、競合しているページが検索上位に表示されなくなってしまう状態を指します。

同サイト内のページ同士が同じキーワードで「共食い」してしまっているということです。

SEOにおけるカニバリを解消しなければどちらのページも検索上位に表示されず、オーガニック検索からの流入が止まってしまいます。

カニバリを解消するには

SEOにおけるカニバリは時間が解決してくれるものではありません。

カニバリを解消するために対策を今すぐ行いましょう。

noindex設定をする

競合してほしくないページをnoindex設定にすることでカニバリが解消されます。

noindexすることでそのページをGoogleに認識させないようにできるため、サイト内での共食いを解消することができます。

301リダイレクト設定をする

上位表示させたい記事にカニばっている記事をリダイレクトすることでカニバリを解消します。

上位表示させたい記事にカニばっている記事内容を盛り込み統合することで、

検索結果でさらに上位表示させることも可能になります。

タイトルタグを修正する

カニバリが起きているサイト同士に同じキーワードが盛り込まれている場合は、上位表示させたくない記事のタイトルタグを修正してみましょう。

タイトルタグを変更するだけでカニバリが解消することもあります。