・コンテンツSEOって具体的にどんなことをすればいいの?

・そもそもコンテンツSEOって何?

SEOについて学び始めると、こんな疑問が出てきていませんか?

コンテンツSEOについて正しい知識を持っていれば、コツコツと確実に集客することが可能になります。

コンテンツSEOで成功するためのコンテンツの作成方法やコンテンツSEOのメリット・デメリットについてまとめました。

コンテンツSEOってなに?

SEOコンテンツ

コンテンツSEOとはユーザーにとって有益な情報をWEBで発信し、
GoogleやYahoo!などの検索エンジンからサイトに訪問するユーザーを増やすSEO対策のことです。

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングとも言われ、
有益な情報を発信しながら最終的にはユーザーにサイトのファンとして定着してもらうことを目指すマーケティング手法を指します。

ユーザーに検索エンジンから自サイトを見つけてもらわなければならないので、
しっかりとしたコンテンツSEOの知識が必要になります。

コンテンツSEOの効果について

コンテンツSEOの効果

コンテンツSEOをすることで様々な効果を得ることが出来ます。

具体的にどんな効果があるのか見てみましょう。

集客力が安定しやすい

狙ったキーワードで上位表示させることが出来ると、会社が休みの間でも365日24時間休みなく集客することが出来ます。

コンテンツが増えれば増えるほどいろんなキーワードで集客することが出来ますし、人材を増やさずともWEBで集客できるので経費削減にもなります。

スモールキーワードやニッチなキーワードでもユーザーを集めることが出来る

他社のライバルサイトがコンテンツにしていないスモールキーワードやニッチなキーワードでしっかりと上位表示させることが出来れば
確実に集客することが可能です。

ライバルの強いビッグキーワードを狙わなくてもいいのです!

細かいキーワードでたくさん上位表示させることが出来れば、ビッグキーワードで上位表示するよりも多くのユーザーをサイトに集客することも可能になりますよ。

自然な被リンク(ナチュラルリンク)を獲得しやすい

コンテンツSEOはユーザーのためになる情報を提供するので、ユーザーに「為になった!他の人にも読んでもらいたい!」という感情を持たせることが出来ればSNSで拡散してもらったり、被リンクを獲得しやすくなります。

Googleの評価でも自然な被リンク(ナチュラルリンク)を受けたページ・サイトは検索順位が上昇しやすい傾向がありますので、被リンクも貰いやすいコンテンツSEOは非常に有利だと言えます。

コンテンツSEOのデメリットってある?

コンテンツSEOを始めるのであれば、デメリットも必ず知っておきましょう。

コンテンツSEOの効果が出るまでに時間を要する

最初の段階ではコンテンツ数も少ない上、Googleがサイトを評価するまでに時間もかかります。

サイトの評価はインデックスされてからユーザーのサイト内での動きや直帰率などが加味されるため、サイトが上位表示するまで時間を要するのは間違いありません。

コンテンツSEOを始めたからといって1週間や2週間でドンッ!と効果が出るものではありませんので、ここはしっかりと頭に入れておく必要があります。

コンテンツ作成までに時間がかかる

コンテンツを作るまでにキーワードの選定をしたり、ライバルサイトのチェックをしたりとコンテンツが完成するまでに時間がかかります。

ただ情報をコンテンツにすればいいのではなく、ユーザーのためになる良質なコンテンツを提供することが大事になるので、コンテンツ作成に手を抜くわけにはいきません。

コンテンツを作成するまでにかなりの労力は必要になりますが、一度コンテンツを作ってしまえばサイトが会社のために働いてくれることになります。

時間がかかることは承知の上、コンテンツSEOを始めるべきということですね。

SEOにおけるコンテンツの作り方の手順を解説

コンテンツSEOで大切なコンテンツの作り方について、詳しく説明していきます。

SEOすべきキーワードを選定する

まずはSEOすべきキーワードを選びましょう。

1つのページに1つのキーワードを狙うのが原則です。

キーワードの選定方法、キーワードの絞り方については以下のページに詳しく記載しております。

参考にしてみてください。

SEOキーワードの選び方とおすすめキーワードツールについて

SEOキーワードの選び方とおすすめキーワードツールについて

タイトルを決める

SEOすべきキーワードを見つけたら記事のタイトルを決めていきましょう。

狙いたいキーワードは出来るだけタイトルの前の方(左寄せ)に配置し、30文字程度にまとめてみてください。

Googleでタイトル表示されるのが30文字ですので、これを目安にしてくださいね。

ディスクリプションを決める

meta descriptionはタイトルの下に出てくる説明文のことです。

ディスクリプションにキーワードを入れることでGoogleからの評価を受けやすくなりますし、
ユーザーにも記事内容がどんなものかを伝えることが可能です。

ディスクリプションにはSEOしたいキーワードを入れつつ、ユーザーがついクリックしたくなるような魅力的な文章を
120文字程度でまとめるといいですね。

見出しを作る

h1は1ページに対して1つだけ設定します。

h2~h6はSEOすべきキーワードや関連するキーワードを入れておくことが大事になります。

大見出し→h2

中見出し→h3

小見出し→h4