Webマーケティングに関わっている方であれば、SEO(検索エンジン最適化)という言葉はよく耳にするかと思います。

しかし、SEOは実際にどういった仕組みになっていて、どのように検索結果の順位がつけられているのかはよく知らない方は多いと思います。

そこで、SEOの仕組みや重要視される考え方、また実際に行った方がいい対策についても書いていきます。

2021年から必須に!今のうちに対策しておきましょう。

SEO対策に必須なユーザビリティ向上方法を詳しく解説

検索エンジンで重要視されている考え方

SEOのランキング

検索結果がランキング付けされているということは、検索エンジンがどういったサイトを上位表示させるのかというルールがあるということになります。

どのような基準で上位表示されるかは、検索エンジンが何を重要視しているのかを理解すると分かります。

Googleの創業者のラリー ペイジはかつて、「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」と答えています。

このように、Googleの検索エンジンではユーザーのことを重要に考えており、上位表示させるためにはいかにユーザーにとって便利で役に立つコンテンツを提供できるかが検索エンジンに好まれるサイト作りで大事なことです。

SEOにおいてユーザーのニーズに沿ったコンテンツを提供できるサイトが上位表示される可能性が高いということですね。

検索エンジンの仕組み

SEOの仕組み

検査エンジンが重要視している考え方を解説しましたが、では実際にどのように検索結果が表示されるのか、検索エンジンの
仕組みについて解説をします。

検索結果が表示されるまでの流れとしては、以下の3ステップになります。

クローリング

インデクシング

スコアリング

クローリング

Webサイトを作ったらまずはWebサイトをクローラーに認識してもらう必要があります。

クローラーと呼ばれるロボットがインターネット上の様々なページを巡回しており、そのページの情報を収集していきます。

これを「クローリング」といいます。

クローラーに認識されないと検索結果に表示されないため、まずはクローラーに見つけてもらわないといけません。

クローラーが巡回しやすいように、sitemap.xmlを作成したりパンくずリストを作るなど工夫をしておくことが重要です。

インデクシング

クローリングされただけでは検索結果には表示されず、インデクシングという作業が必要になります。

インデクシングとはクローラーが集めた情報をデータベースに保存することをいいます。

「インデックスされない」「インデックスされた」というような言葉は良く聞くと思います。

ページがインデックスされることで、ようやく検索結果に表示されるようになります。

スコアリング

インデックスされたWebページをランキング付けするのがスコアリングです。

このスコアリングがどうされるかのルールはアルゴリズムと呼ばれます。

アルゴリズムは日々変化していますが、検索エンジンが重要視しているユーザーに寄り添ったコンテンツ作りが
良いスコアリングをされるのに大事な要素となってきています。

やっておくべき基本的なSEO対策

SEO(検索エンジン最適化)の仕組みを解説してきましたが、Googleに認識してもらいやすくするために
最低限のSEO対策はしていった方がいいです。

SEO対策には外部SEOと内部SEOがありますが、クローラーが巡回しやすいようにしたり、ユーザーにとって便利にする
ための内部SEOについて今回はご紹介します。

クローラビリティの改善

検索エンジンの仕組みとしてまずはクローラーが巡回してこないと検索結果に表示されないため、クローラーが巡回しやすいサイト構造に
改善する必要があります。

検索エンジンのためのサイトマップのsitemap.xmlを作成することでクローラーが巡回しやすいようにしましょう。

また、リンクの階層が深すぎたり、空の階層があるとクローラーが巡回しづらいため、リンクの階層は浅くした方がいいです。

リンクの階層が深いのは好ましくありません。

ディレクトリ構造がSEOでは良いと言われているので、ディレクトリ構造でサイトは作成していくと良いです。

内部リンクの構築

内部リンクを適切に構築してあげるのもクローラーが巡回しやすくなります。

クローラーはリンクを辿ってページを巡回するので、サイト内を移動しやすいように関連するページへのリンクを設置するなど

内部リンクで繋げましょう。

内部リンクを設置する時はアンカーテキストでそのページがどういった内容なのか分かりやすくしてあげるのが良いです。

ユーザーフレンドリーにする

ユーザーが使いやすいようにページの読み込みが遅ければ適切に改善したり、サイトマップを設置するなどしましょう。

また、どの端末からでも表示が適切になるようにモバイル対応にするなども大事です。

ユーザーが使いやすく、迷わないサイト作りにすることでページをしっかりと見てもらいやすくなります。