SEOをわかりやすく

Webマーケティングにおいて「SEO」という言葉をよく目にすると思いますが、
「SEOって何?」「専門的で難しそう・・・」といったように全くSEOについて分からないという方も多いかと思います。

そこで初心者にもわかりやすくSEOとはどういったものなのか、
また初心者でもすぐにできるSEO対策の解説をしていきたいと思います。

→初心者が必ず覚えておきたいSEOアルゴリズムとは?

SEOとは?わかりやすく解説すると

 

SEOとは?初心者向け

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼びます。

検索エンジン最適化とはわかりやすく解説すると、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索された時に、
Webページを上位に表示させるように最適化することをいいます。

検索結果が1ページや検索してすぐ一番上に表示されることでWebサイトへの流入が増え、
商品やサービスのコンバージョンの増加が期待できます。

Web上で集客をしたい企業や個人にとってSEOは必ず理解しておきたい仕組みです。

SEOのメリット

SEOのメリット

SEOのメリットは以下のようなものがあります。

・高い集客力

・広告費を抑えることができる

・企業のブランディングができる

高い集客力

インターネットが普及している現代では、購買行動や消費行動を起こす前にインターネットで

「検索」をして事前に情報収集をする方が多くなっています。

多くのユーザーは上位に表示されているサイトにアクセスする傾向があるため、
SEOで上位表示をすることができれば、それだけ多くの人を集客することができます。

また、事前に情報収集をするということは購買意欲が高いユーザーであると考えられるため、成約に繋がりやすくなります。

SEOを適切に施すことができれば、様々な角度から購買意欲の高いユーザーを集めることができるので、高い集客効果を得ることができます。

広告費を抑えることができる

リスティング広告の場合、クリック数や表示回数に応じて費用が発生します。

また、Youtube、InstagramといったSNSで広告を出す場合も広告費がかかります。

本格的に広告を出す場合は莫大な金額になるということもあり得ます。

一方でSEOはいくらクリックされても広告費は発生しません。

SEOがしっかりと施されたWebサイトであれば、広告を出さずとも中長期的に安定して顧客を獲得することが可能となり、
広告費を抑えることができます。

ただし、多くの企業ではSEO対策を外注でアウトソーシングする場合が多く、
外注費が発生するので必ずしも広告よりもSEOの方が費用対効果が高いと言えるわけではありません。

それでも毎年多くの企業がSEOの効率が良かったという回答をアンケートでしているため、SEOの効果は期待できると言えます。

企業のブランディングができる

多くのユーザーは検査結果で上位表示されているサイトに対して良い印象を持ったり、信頼感を持ちます。

検索結果が後ろの方のページのサイトよりも1ページ目に出てくるサイトの方が、
「有名なサイト・信頼できるサイト」という印象がつくので、上位表示されるだけでブランディング効果が発生します。

ブランディング効果によってイメージアップに繋がり、商品やサービスの成約につながる可能性があります。

初心者でも出来る3つのSEO対策

SEO初心者

SEOと聞くと専門的なことで難しく感じてしまう方も多いかもしれませんが、

初心者でも簡単にできる3つのSEO対策をご紹介したいと思います。

キーワード選定をする

SEO対策の基本とも言えるのが、「キーワード選定」です。

キーワード選定というのは検索結果で上位表示させたいキーワードを選ぶことを言います。

ニーズに合ったキーワードを使ってWebサイトを構築していくことで検索結果にコンテンツが

反映されるため、人に検索されるキーワードを使ってコンテンツを作っていきます。

「今日の日記」といったタイトルの記事を作成したとしても検索結果には引っかかりません。

・「ダイエット おすすめ」

・「ダイエット 運動 なし」

といったように人は自分の調べたいことを検索窓に入力するので、
どういったキーワードで検索されるのかを考えてコンテンツは作っていきましょう。

どういったキーボードが検索されニーズがあるのか調べるには、
検索ボリュームが調べられるGoogle Search Consoleを使います。

自社の商品やサービスに関係するキーワードを入力すると、
そのキーワードで月間でどれくらいの検索がされているか数値で確認することができます。

どのキーワードで検索されているかニーズを知り、それに沿ったコンテンツ(記事)作りをしていきましょう。

また、Google Analyticsでは、どういったキーワードで検索してユーザーがサイトを訪問したのかなどの分析ができます。

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsはどちらも無料で使えるツールですので、まずはどちらも

登録をしてキーワード選定に役立ててみてください。

 

初心者でもできるキーワード選定方法をまとめました。

→初心者こそ知っておきたいSEOキーワードの選び方おすすめツール

コンテンツの内容を充実させる

近年、サイトの評価がコンテンツ重視になってきています。

コンテンツをしっかりと作り、質を高めるだけでもSEO対策となります。

ただし、量があれば良いというわけではありません。

画像ばかりで文章が全くない記事や、内容がなく同じことの繰り返しばかりの文章では中身がないコンテンツとなってしまいます。

コンテンツの量が多いのはもちろんのこと、役立つ情報をわかりやすくユーザー目線で提供できるかが大事です。

また、専門性や独自性といった要素も評価される点になります。

内部対策

サイトの評価を上げるためには、

<title>や<h1>、<h2>といったタグを付けることも重要となってきます。

タグは検索エンジンにこういう内容のページですと知らせるマーカーのようなもので、
タグをつけることでユーザーと検索エンジンの両方にとって分かりやすく利便性が高ります。

利便性が高いサイトは評価されるため、タグは付けていくようにしましょう。

また、内部リンクも貼り、サイト内を巡回しやすい環境を作るのも重要です。

内部リンクとは自サイト内を行き交うリンクのことを指します。

内部リンクを最適化することもサイトの評価を高める要素です。