「SEOはオワコンだ!」という話を耳にしたりすると、
「今更SEO対策をしてみても意味がないのでは…」とSEOに対してあまり良いイメージを持てないという方も少なくありません。

ここ数年ではGoogleのアルゴリズムの変動により、「SEOはもう終わりだ」という声も多く耳にすることが多くなりました。

しかしまだまだSEOの効果は絶大ですし、SEO対策で得られるメリットや効果はあなたの予想以上に大きいです。

ここではSEO対策におけるメリットと効果、反対にデメリットについて詳しく書き綴っています。

これからSEOを始める方はぜひ知識として頭に入れておいてくださいね。

SEO対策で得られるメリットや効果について

SEOメリット
GoogleのSEO対策をすることでどんなメリットやSEO効果が得られるのかまとめました。

集客したいユーザーを効率的に集客できる

サイトを構築する際に、集客したいユーザーが検索するであろうキーワードを狙ってコンテンツを作成していきます。

コンテンツSEOの詳しいやり方についてはこちらを参考にしてください。

→コンテンツSEOって何?コンテンツの作り方の手順を解説

コンテンツSEOって何?コンテンツの作り方の手順を解説

誰もが検索するビッグキーワードから悩みが深いキーワードや

潜在ユーザーが検索するニッチなキーワードを含めたサイトを作ることで、
サイトに関心を持ったユーザーのみを集客することが可能です。

サイトにマッチするユーザーのみを集客することで、

商品やサービスを購入したいという意欲的なユーザーばかりを集めることが出来ます。

中・長期の集客が安定し継続する

SEO対策を正しく構築できると、検索結果で上位表示できるページを増やすことが出来ます。

その結果GoogleやYahoo!などの検索エンジンからユーザーが知りたいことを検索して

サイトに訪れる自然検索からの流入(オーガニック検索)が増えていきます。

検索結果で上位表示し続けるだけで、安定してユーザーをサイトに呼び寄せることが可能です。

正しくSEO対策ができれば、サイトが24時間365日休むことなくあなたのために集客してくれることになります。

ブランディング効果が高い

検索結果で上位表示するということは多くのユーザーの目に触れることになります。

多くのユーザーは検索結果で上位表示されていると、

その分野・業界で信頼できる・価値のある企業やサイトであるという認識をします。

 

ユーザーに好意的な印象を与えることで、企業やサイトに信頼を寄せることになります。

ブランディング効果を高めることで他サイトから被リンクを貰えるという2次的効果も発生します。

自然な被リンクを貰えるとSEO評価も上がりますので、検索順位がさらに上がるという効果も期待できます。

SEO対策費用が安く、費用対効果に優れている

リスティングなどの広告を利用して集客する場合、かなりの広告費を費やすことになります。

広告が当たれば爆発的な集客を見込めますが、正しい広告運用をしなければ広告費が水の泡になることも…。

 

反対にSEO対策における費用はSEO会社に依頼せずに行えば、

サーバー代やドメイン代などコストを最小限に抑えることができます。

 

SEO対策をすることでWEBサイトに費用をかけずに、集客力を最大限に引き上げることが可能になります。

ただし正しいSEO対策をすることが前提ですので、
「SEOってよくわからない…」という場合は腕の良いSEO会社に依頼するということも頭に入れておくといいですね。

SEO対策におけるデメリットについて

SEOデメリット

SEOをすることで得られるメリットについてお話ししましたが、

SEO対策を始めるのであればデメリットも理解しておく必要があります。

デメリットも知ったうえでSEO対策を始めてみましょう。

SEOの効果が出るまでに時間がかかる

SEOを意識したコンテンツを作成した場合、Googleから評価を受けるには時間を要します。

コンテンツを作成してからたった1週間で評価を受けた!ということは特殊な場合を除いてないので、SEOで集客するのは長期戦だと頭に入れておいてください。

コンテンツを作成してサイトが評価を受ける始めるまで約2~3ヶ月は要します。

何事も結果を得られるまで下積みする期間は必要です。

すぐに結果が出ないから…と諦めてしまわないよう注意してくださいね。

Googleのアルゴリズム変動の影響を受ける

Googleは検索ユーザーによりよい結果を提供できるよう、利便性を追求しています。

年間を通してアルゴリズムのアップデートがあり、

上位表示していたサイトが突然検索結果の圏外に飛ばされたり順位が下がったりすることもあります。

SEO対策をすることで中長期的に安定して集客できるメリットもありますが、

アルゴリズムの変動である日突然集客力を失うことも考えられます。

Googleのアルゴリズムの変動があった場合、最新のSEOに対応できるように情報収集したり勉強したりし続けていかなければなりません。