SEOに強いサイト構造は「ディレクトリ構造」だよく言われます。

SEO対策を意識していくWebサイトを作っていくのであれば、

ディレクトリ構造は重要なポイントとなっていきます。

そこで、この記事ではSEOにおけるディレクトリ構造のメリットや、ディレクトリ構造を構築していくためのポイントを解説したいと思います。

ディレクトリ構造とは

SEOディレクトリ構造

まず、ディレクトリ構造とはいったいどういったものなのか解説をします。

ディレクトリはパソコンで言う「フォルダ」と同じ意味を指します。

パソコンでフォルダ分けをする時に、あるテーマに沿ってフォルダを樹形図のように枝分かれさせていきますが、
それと同じようにWebサイトを構築していくのがディレクトリ構造です。

例えば、トップページ⇒カテゴリーページ⇒記事ページといったように、
階層が下がっていくツリー構造になっているのが基本的なディレクトリ構造です。

Webサイトの中でフォルダ分けをして、ユーザーにとってコンテンツが見やすいように整理整頓をするサイト構造にするイメージですね。

SEO対策とディレクトリ構造の関係性

では、なぜディレクトリ構造がSEOにおいて良いサイト構造と言われているのか、
ディレクトリ構造とSEO対策の関係性ついて解説をします。

サイトのテーマ性や方向性が明確になる

サイトをディレクトリ構造で整理整頓をしてあげることで、カテゴリーごとのテーマ性が可視化され、
サイト全体のテーマ性や方向性が明確になります。

どういったコンテンツがあるのかテーマ性が向上することにとって、
カテゴリーで設定したキーワードなどの検索順位が上がる可能性が高くなります。

また、ディレクトリ構造で整理されたサイトは、どこにどの情報が載っているのか分かりやすいため、
ユーザーにとっても利便性が高くなります。

サイトが管理しやすくなる

ディレクトリ構造でサイトが整理整頓されていることで、
サイトの管理もしやすくなります。

階層がバラバラでまとまりがないページだと、更新したりする時に見つけることが大変になりますが、
ディレクトリ構造でフォルダが整っていればそういったトラブルを解決できます。

クローラーの巡回がしやすくなる

ディレクトリ構造でサイトを構築することで、
クローラビリティが向上するというメリットもあります。

もし、パソコンのフォルダの整理が乱雑で、どこにどのフォルダやファイルがあるのか分からない場合は、
自分の探しているファイルが中々見つからないということが起きますよね。

それはクローラーも同じで、ディレクトリ構造が最適化されておらず、
重要なコンテンツが深い層にあったりすると、インデックスさせたいページをクローラーが中々見つけてくれないようになります。

クローラーに見つからないコンテンツは評価されづらくなってしまうため、
クローラーが巡回しやすいディレクトリ構造にすることでインデックスされやすくすることは重要です。

ディレクトリ構造を構築する時のポイント

ディレクトリ構造でサイトを構築していく時のポイントについても解説をしていきます。

適切で理想的なディレクトリ構造にする

ディレクトリ構造とは言わばフォルダ分けをするようなものですが、
ただ適当にページの階層を分けていくということはせず、適切に構築していかないといけません。

適切で理想的なディレクトリ構造とは無駄なくツリー構造で階層が綺麗に枝分かれしています。

ダメなディレクトリ構造だと、特定の階層だけ多く作って偏っていたり、階層が深すぎる、空の

階層があるといった状態となっています。

これだと、検索エンジンだけでなく、サイトのユーザーにとっても分かりづらいサイト構造となってしまうため、
適切なディレクトリ構造を構築していく必要があります。

利便性を意識して、分かりやすくて見やすいように整理整頓をして構築していきましょう。

URLもディレクトリ構造を意識する

ディレクトリ構造を構築していく時に、URLも注意して設定していった方が良いです。

http://www.example.com/cosmetic/

このように誰でも分かりやすいようなURLにすることで、
どういったページなのかユーザーや検索エンジンにも分かりやすいです。

また、深い階層のページというのは好まれないので、
余分な階層がないようにURL階層は抑えるように気を付けましょう。

URL階層は3階層以内に収めるのが良いと思います。

階層を少なく抑えるというのはURLの「/」の数を減らすということですね。

上記の例のURLの場合、「/」が2つあるので2階層のURLとなります。

http://www.example.com/cosmetic/1/2/

といったように階層を多くし過ぎるとクローラーが巡回しづらくなってしまいます。

コンテンツと関係のある分かりやすい名称で、且つ階層が深くならないようにURLは設定していきましょう。